梅軒News / Baiken News

  • Kyoto Art for Tomorrow 2019

     

    本日京都文化博物館で開催されているKyoto Art for Tomorrow 2019 京都府新鋭選抜展 に行ってきました。

    これは京都府と文化博物館が主催となり、京都を中心に活動する新進の若手作家を紹介し、次世代を担う作家として京都から世界へ発信していくことを目的とした展示会で、京都に住む若手作家さんの活動を奨励したものです。

     

    特に表現方法にこだわりはなく、絵や工芸、立体作品、画像、音など様々なツールで自らの世界観を形としており、若手作家さんたちの溢れるエネルギーが結晶化したような作品が集められており、訪れていた方々も興味深そうに1点1点に足を止めていらっしゃいました。

    別館ホールにはポスターの表紙にもなっている、国際的に活躍する京都ゆかりの作家・藤浩志氏の作品「ジュラ紀から受け継ぐ」がホールいっぱいに敷き詰められており、触れるおもちゃのスペースなどではお子さんたちが気に入ったおもちゃを手に遊んでいる姿も見られました。また、自分の描いた絵がおもちゃになるという企画もしており、大人から子供までが楽しめる空間となっていました。

     

    Kyoto Art for Tomorrow 2019―京都府新鋭選抜展―

    2019年1月19日(土)〜2月3日(日) 京都文化博物館 3階展示室

    開室時間10:00~18:00。金曜日は19:30まで。

    sa