梅軒News / Baiken News

  • 近代日本画家達の夢の共演~画題で見る 近代の日本画表現~

    この度、学校歴史博物館開館20周年記念特別展として、~画題で見る近代の日本画表現~という展覧会に行ってきました。

     

    明治という時代は、鎖国が終わり西洋文化が激しく日本に流入する時代でもありました。絵師と呼ばれる人々への影響は計り知れないものではないかと思われます。

    それまで決まった流派に分かれ、流派の中で絵画制作をしていた絵師達に流派を越えての自己表現はなかったそうです。それが明治後期から何にも縛られず、個々の日本画表現が現れるようになってきた――――

     

    という内容をコンセプトに近代日本画を支えてきた人々の数々の名作が展示され、個々の画風を見比べながら鑑賞することが出来ました。中には流派を越えて名だたる絵師たちが集まって、一つの絵を完成させているものもあり、普通ではなかなか見られない共演に心が躍る気分を味わいました。

    現在、前期が終わり後期に入りました。場所も四条河原町などからも近いため、ぜひ足をお運びください。

     

    ~画題で見る日本画表現~  場所:京都市学校歴史博物館

    会期:10月6日(土)~12月11日(火)

    会場:第1会場:1階 第2展示室 ,第2会場:3階 第3展示室

    時間:午前9時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)

    sa