梅軒News / Baiken News

  • Foujita展

    パリで日本を生きたFoujita没後50年の回顧展

    プロローグは♫エリック・サティ”Je te veax”から始まります。素敵!サティも異端児と呼ばれた音楽家です、ピッタリの選曲。

     

    今回ポスターにもなっている『cafe』

    戦後、日本を離れニューヨーク滞在中に恋しいパリを想って描いたものだったんですね。だからあの物憂げな表情に、涙ででしょうか、滲んだインク…そう思うと、また違って見えてきます。

    乳白色で有名ですが、Foujitaの”効かせる黒”が好きです。

     

    私が唯一持っているFoujitaのレゾネ。寿退社の折、スタッフの皆さんから頂いた贈り物です。

    フランス語なので読めませんが、眺めるだけで愉しい大切な宝物です。

     

    『没後50年藤田嗣治展』は京都国立近代美術館にて12/16㈰まで

    ma